山梨人が伝える、ヤマナシのいい味・いいモノ・いい処

やまなしコンシェル

  1. TOP>
  2. 記事一覧>
  3. 楓のシロップ
★

2016/

6/1

1160view

小さな町の、大きな挑戦!

楓のシロップ

  • 身延・富士川流域

    ショッピング

早川町かえでプロジェクト

早川町かえでプロジェクト

山梨県南西部に位置する、日本一人口の少ない町、早川町。面積の96%が森林に覆われ、秋には20種類を超える自生の楓が山を彩るのだそうです。
数多く自生する楓のなかでも、イタヤカエデはメイプルシロップ作りに最適な楓といわれていて、樹液を煮込むと、糖度40~60%の甘くて体に優しいメイプルシロップが出来上がります。

早川町では、イタヤカエデからメイプルシロップを作り、温泉や自然といった観光資源を軸に特産品を開発・販売し、山梨県内外から観光客を取り込み、街を活性化させ、山や森林に還元するプロジェクト。それが『早川町かえでプロジェクト』なのです。

  • 楓のシロップ
  • 楓のシロップ

    イタヤカエデの樹液を糖度40%になるまで煮込むと、採取量の40分の1の量になるそうです。瓶1個あたり、40mlなので約1.6リットルの樹液が濃縮されています。
    市販されているメイプルシロップは、砂糖水やほかのシロップが混ざっていたりしますが、この『楓のシロップ』は、山梨県早川町産のイタヤカエデの樹液100%。安心・安全なシロップの出来上がりです。

  • シロップだけじゃない!
  • シロップだけじゃない!

    楓のシロップを炭酸水に入れた、『あわわめいぷる』。
    メイプルシロップのおいしさをそのままにサイダーも販売しています。
    炭酸はやや強めですが、さっぱりとしていて飲みやすく、甘いからといって口の周りがベタつくなんてこともありません。冷やしても常温でも美味しくいただけます。

  • 購入時期は・・・?
  • 購入時期は・・・?

    4月下旬あたりから、早川町の温泉旅館や南アルプスプラザ等に並ぶようになります。
    通信販売などは行っていないそうなので、現地に行ってお求めいただくようになります。
    数量・期間限定なのでお早めに。

スポットデータ

住所山梨県南巨摩郡早川町保509
電話番号0556-45-2302 (早川町商工会)
URLhttp://itayakaede.jp/project/
営業時間不明
定休日不明

この記事を書いたコンシェルジュ

やまなしコンシェルfacebookページ