山梨人が伝える、ヤマナシのいい味・いいモノ・いい処

やまなしコンシェル

  1. TOP>
  2. 記事一覧>
  3. 続・猿橋...今度は下から見てみよう!
★

2017/

9/16

226view

猿橋遊水舎

続・猿橋...今度は下から見てみよう!

  • 河口湖・大月・上野原

    遊ぶ

猿橋を下から眺められると評判です!

猿橋を下から眺められると評判です!

「猿橋遊水舎」は2016年、猿橋の下でゴムボートを使った川下りの運行を開始しました。発案者は鈴木涼平さん。元々青梅でラフティングガイドをしていましたが、地域おこし協力隊として大月に移住。大月を拠点にアウトドア活動をしています。取材に行った当日も鈴木さんにガイドをしていただきました。

  • 準備万端
  • 準備万端

    8月7日の台風5号の影響で水位が下がらず運行を休止していましたが、取材に行ったちょうどその日(9月9日)に運行を再開したとのことでした。
    雰囲気をだすために貸し出される長靴、ライフジャケット、麦わら帽子を身に着けてさあ出発です。川で溺れた時の対処法からガイドは始まりました。

  • 猿橋だけではない!?
  • 猿橋だけではない!?

    まず両側にそびえたつ岸壁に圧倒され、しばらく進むと・・・。
    橋が3本ある??
    八ツ沢発電所第一号水路橋と国道20号線の鉄橋とのことで、猿橋だけではなく、3本の橋のコントラストも見事でした。

  • 浮世絵の世界へ
  • 浮世絵の世界へ

    昔は宿場町としても栄えた猿橋地区。当時運行していた屋形船が停泊していた場所も見ることができます。そしてなんといっても一番のアングルは、江戸時代、歌川広重の描いた『甲陽猿橋之図』と同じ景色がみれるポイント。

撮影ポイントはたくさん!

撮影ポイントはたくさん!

川下りをしながらも、写真映えする場所はたくさんありますが、コースの途中ボートを降り撮影できる場所があります。楽しい写真も撮れちゃいます。ガイドの鈴木さんが撮影してくれますので、いろいろお願いしてみてください。季節によって違った景色をみれるのが魅力のこちらの川下り。桂川の流れは緩やかですので、スリルを味わうというより、周りの景色をゆっくり鑑賞できます。紅葉の季節は特におすすめです。お車でお越しの方は、猿橋公園内の史料館前の駐車場をご利用下さい。ご予約は090-3200-3684 運行状況を確認してご予約してください。

スポットデータ

住所〒409-0614 山梨県大月市猿橋町猿橋
電話番号090-3200-3684
やまなしコンシェルfacebookページ