山梨人が伝える、ヤマナシのいい味・いいモノ・いい処

やまなしコンシェル

  1. TOP>
  2. 記事一覧>
  3. 着物のアート「一竹辻が花染め」
★

2017/

6/1

110view

久保田一竹美術館

着物のアート「一竹辻が花染め」

  • 河口湖・大月・上野原

    文化

  • 美術館全体が一竹ワールド
  • 美術館全体が一竹ワールド

    1994年に建設された本館は、16本の大黒柱を使ったピラミッド型の建築物になっており、代表作品が展示されています。1997年には壁に琉球石炭岩を使用した新館が完成。インテリアには東南アジア等のアンティーク家具が使用されていて、異国を想わせる雰囲気でした。また庭園は自然豊かで春夏秋冬楽しめそうです。ちなみに「ミシュラン観光ガイド」に三ツ星で掲載されたそうです★★★

まるで着物のキャンバス

まるで着物のキャンバス

一竹さんが生涯を賭け研究を重ね、完成させた模様染め「辻が花染め」は一つとして同じものは無く、四季折々の風景と宇宙を融合させた作品や、富士山をテーマにした鮮やかな作品が並んでいました。一竹さんが愛した富士の山やおしどりが遊ぶ場面、水辺に咲く桜がまるで絵画の様に表現されていました。私が訪れた時は「桜花爛漫」の特別展を行なっていて、実際に宝塚歌劇団で使用された「さくら4部作」を間近で見ることが出来ました!残念ながらこの展示はすでに終わってしまいましたが、9月25日までは「富士山展」を行なっているそうです。こちらもアメリカやヨーロッパで行われた海外展で人気があった様で私も是非拝見したいです。

  • 茶房でひと休み
  • 茶房でひと休み

    本館展示室に隣接する「一竹庵」。龍門の滝を見ながらひと休みいかがですか?温かみのある空間でとても落ち着きますよ。

  • 河口湖ならではの絶景
  • 河口湖ならではの絶景

    「蜻蛉玉ギャラリー」には一竹さんが世界各地から収集してきた蜻蛉玉を展示しています。今で言う“お守り”でそれぞれの地域によって色や模様が異なり、それぞれの意味を持つそうです。こちらはカフェになっていて入場料500円でコーヒーも召し上がれます。ギャラリーからの富士山絶景でした!(バリアフリー完備)

  • 百聞は一見にしかず
  • 百聞は一見にしかず

    河口湖に訪れた際は久保田一竹作品を是非ご覧あれ…

スポットデータ

住所山梨県南都留郡富士河口湖町河口2255
電話番号0555-76-8811
URLhttp://www.itchiku-museum.com/
営業時間9:30~17:30(4月~11月)   10:00~16:30(12月~3月)
定休日火曜日

この記事を書いたコンシェルジュ

やまなしコンシェルfacebookページ